cover-image
profile-image

チャレンジあるのみ

渡邉 利生

(Watanabe Rio)

株式会社山水荘

取締役

職種・強み

広報・広告が得意

自治体との協業経験あり

人を紹介できる

セールスに強い

福島の案内人

職種・強み

広報・広告が得意

自治体との協業経験あり

人を紹介できる

セールスに強い

福島の案内人

Hometown 福島県土湯温泉町

今まで

やってきたこと・やっていること・できること

福島県土湯温泉町生まれ。老舗旅館の山水荘の旅館に生まれ、幼少期は土湯温泉の豊かな自然環境の中成長、大学は東京の大学に進学。大学卒業式を目前にして、東日本大震災が発生し、地元ふるさと福島県にUターンして仕事をする出鼻を挫かれました。新潟県の旅館で修行のち、故郷土湯温泉の旅館の仕事に従事するものの、震災で疲弊した旅館と温泉街の姿を目の当たり震災後の福島で観光の側面から、地域活性化の活動をしております。 現在は、老舗旅館の山水荘の旅館の若旦那として、旅館や福島県の地域の活性化のために奮闘中です。

edit-info-image

土湯温泉の老舗旅館山水荘の外観

edit-info-image

福島県の磐梯朝日国立公園に位置する土湯温泉

  • 株式会社山水荘

    http://www.sansuiso.jp/

    やってきたこと

    福島県は東日本大震災から長期的な風評被害が顕在化しており、特に観光業と農業が甚大な被害をうけておりました。  1、福島の「若旦那図鑑」「若旦那プロジェクト」 その国内の風評被害を払拭するべく、福島県から「若い力による風評被害対策事業」で受託。福島県の風評被害払拭事業を土湯温泉の有志旅館の若旦那たちとスタートさせました。地元福島学院大学の力も借りて、考案したのが「若旦那図鑑」「ふくしま若旦那プロジェクト」です。一連の若旦那事業で、全国に若旦那を通して、福島の観光復興の姿を発信することに成功しました。NHK朝イチの1時間生放送も土湯温泉に誘致することもできました。コミック化もされました。  2、YUMORI ONSEN HOSTELの開業 Googleで「FUKUSHIMA」を検索すると今だに震災直後の映像が流れ、海外の福島に対するイメージはいまだに復興半ばです。宿の力で海外の訪日外国人旅行客を呼び込むこと、新しいスタイルの宿の魅力で地域を元気したいという思いで、震災で廃業した旅館を新しい温泉ホステルに生まれ変えました。現在はテレワーク、ワーケーション のお客様が増えております。

    info-image

    若旦那プロジェクトの模様

    info-image

    YUMORI ONSEN HOSTELの開業

    関連して閲覧されている人

    山本 清人

    NTTコミュニケーションズ株式会社 主査

    事業開発

    自治体との協業経験あり

    セールスに強い

    BtoB

    村山 祥恵

    ゆるり屋 店主

    自治体との協業経験あり

    人を紹介できる

    セールスに強い

    BtoB

    プレスリリース書けます

    愛玩動物飼養管理士

    西澤 徹生

    株式会社ニシザワステイ 代表取締役

    経営者

    起業経験あり

    事業開発

    人を紹介できる

    BtoC

    日下 まりあ

    JOIN083/株式会社リージョナルマネジメント コミュニティディレクター/長期学生インターン

    コミュニティマネージャ

    編集・ライティング

    広報・広告が得意

    グラレコ

    平原

    フルサット 代表取締役

    自治体との協業経験あり

    チームマネジメント

    事業開発

    経営者

    起業経験あり

    ショートカッター

    会社・チーム・プロジェクト

    http://www.sansuiso.jp/

    株式会社山水荘

    弊社では、土湯温泉を代表する老舗旅館の山水荘です。客室数は71室。収容人数は430名です。200名まで収容可能な宴会場とコンベンションホールがありますので、会議や研修、祝賀会等にもご利用いただけます。個人のご旅行から、団体宿泊まで幅広く対応しております。

    https://www.tcy.jp/

    NPO法人土湯温泉観光協会

    この法人は、土湯温泉の自然豊かな環境のもと、国立公園内という特殊な事情のもと、残されている自然・生態・景観・歴史・文化的遺産を保全し、また、幅広い人々との交流する機会を企画・開催しております。土湯温泉を訪れる多くの人々に感動を与え、地域の特性を生かした観光とまちづくりによる地域活性化に寄与することを目的として活動しています。営業推進部長として、交流人口の拡大に向けて活動しております。