caroursel-image
caroursel-image

1 / 8

東京農村

あなたのワークプレイスのコンセプトや魅力などを伝える一文を記載ください

東京都 港区 赤坂3丁目19-1

profile-image

Owner

Concept of 東京農村

「東京農村」はシェアオフィス、シェアキッチンとして、 農と食を通し、新しいモノやコトを生み出す場、「東京の農業」を味わって、知って、繋がれる拠点です。ここでは東京の食材を使った料理が楽しめるほか、東京の農・食に関する幅広い情報に触れることもでき、この分野で活躍する熱い皆さんと繋がりをつくることができます。 暮らしの近くで息づいてきた、東京の農業。それは、地域と共生し、私たちの暮らしに寄り添いながら育まれてきました。東京農村では、生産者の顔が見えるつながりを大切にし、お客様と温もりのある関係を築きたいと考えています。新鮮で豊かな食材。食を通じた新たな出会い。農に触れる喜び。 そんな、東京の農業が体感できるコミュニティを、この赤坂見附でつくりあげていきます。 東京農村ビルのオーナーの中村農園は、国分寺の農家です。農地の一部が道路整備で買収され、その代替地として得た赤坂の土地で、農業や食の魅力を発信するために東京農村ビルは建てられました。 東京農村のHPはこちら http://tokyo-noson.com/

Features of 東京農村

  • 農と食の人の繋がり【東京農サロン】

    東京農サロンというイベントを月1回開催していて、農と食に関わる人たちに登壇してもらっています。農業ベンチャー、大企業、行政関係者などの都市農業周辺で活躍する人が集まって語り合う会となっています。 東京農サロンでは、流通、農産物のブランド化、生産緑地に関する法律、農業メディアといったトピックで、毎回ディープな議論が盛り上がります。食・農に実際に関っている方々の出会いの場となり、そこから新たな連携も生まれています。

  • つなぐ、つくる。農と食。【東京農村クラブ】

    「東京農村」を運営する一般社団法人MURAは、農業生産者や飲食店、料理研究家など様々な会員同士のマッチングを重視した東京農業を都心で発信していく会員組織「東京農村クラブ」を発足しました。 4Fのシェアオフィス「Root office」をベースに、農家さんと繋がりたい食品関連会社の人、イベントを企画して新たなつながりをもちたい人、農や食に特化したビジネスをしてる人やクリエイターなど多くの方に集まっていただきたいと考えています。

  • 好立地で設備も充実のシェアキッチン【Root Kitchen】

    赤坂見附駅から徒歩2分という好立地が自慢の1つです。都心でも農と食のつながりを持つことができます。 5階のシェアキッチン Root Kitchenは食器・カトラリー類、調理器具・調味料まで設備も充実!各種撮影や料理教室をはじめ、試作・検討するためのテストキッチンとしても活用できます。完全屋内型菜園も併設。低コストなスペース料金で、様々なシーンの料理やパーティを楽しめます。

Pricing & Facilities of 東京農村

Membership Fees

Duration / InitialPriceMemo

入会金

Facility / ServicePriceMemo

Connection 東京農村

Owner

Monthly

¥ 11,000 ~ /1 ヶ月

Hot Desk

¥ 2,750 ~ /1 時間

Share

Access to 東京農村

赤坂見附駅から徒歩約5分

東京都 港区 赤坂3丁目19-1

¥ 11,000 ~ /1 ヶ月

¥ 2,750 ~ /1 時間